MINI WHEEL

KTMのオフロードを購入検討されている方からのご質問で特に多いのが

”車高がすごく高いので乗れるのか心配”といったバイクの高さへのご不安です。

ローダウンの方法は​いくつかあり、体格によってその方法は変わってくるのですが

その中の一つとして『ホイールをMINI WHEELに変える』方法があります。

2019’ 250EXC TPI

2019 250EXC TPI をベースに

ミニホイール仕様を作製しました。

当店にてご納車させて頂いた車両で

ミニホイールだけでなく

追加でよくご依頼を頂くパーツも

カスタムしているので

​参考程度にご紹介致します。

CUSTOM PARTS

グラップハンドル

¥6,630(税込)

転倒した際に車両を

引き上げやすくするためのパーツです。

スライドインサートクランプ

¥2,210(税込)

転倒した際にマスター側が破損しないように衝撃を吸収します。

ハンドガード

¥4,618(税込)

アンダーカバー

¥10,729(税込)

ラジエターガード

¥6,753(税込)

標準のガードより強く、

ラジエターの変形を防げます。

ショートサイドスタンド

¥10,990(税込)

WHEELE

ミニホイール

¥151800(税込)

 

当店特注で作製しているサイズで御座います。

ページ冒頭でもお話しさせて頂いた様に

実際には乗られる方の体格によって

ローダウンのカスタム方法が変わってくるので

ミニホイール化を含むローダウンの方法によって​それぞれメリット・デメリットがあります。

詳しくはオフロード担当者まで

お気軽にお問合せ下さい。

ムース

 

ミニホイール化することにより、

タイヤの厚みが薄くなります。

ヘビーチューブも組むことが出来ますが、

リム打ちによるパンクの可能性がありますので

ムースを使用する事をオススメしております。

ムースには様々な種類が御座いますが

​ミニホイール用のムースも組むことが出来ます。

当店にはオフロード担当者が在籍しておりますので
ミニホイール化だけでなく
オフロードに関するご相談事が御座いましたら
お気軽にお問い合わせ下さいませ