top of page

どっちがどっち? 似ているようで全く別物!890/1290比較していきます! 2

いつもご覧いただきありがとうございます!


比較の続きを今回も行っていきます。お付き合いくださいませ😘

前回はエンジン/タンク周り/液晶の三点を見ました。

やはり似ているようで全く別物なマシンという事が鑑みれたと思われます。

ではどんどん行きますよ~!!!



おい!どっちがどっちだよ!!ってなりますね。わかりづらくて申し訳ないです😅

写真左が1290、右が890のフロントブレーキです。

なんとどちらも同じブレンボ製モノブロックキャリパーを装備しています!

違いはフロントディスクにあります。

サイズは両者ともに320mmのフローティングディスクですが、1290はブレンボ製

890はGALFER製となっております。



1290にはスロットル周りに大量にボタンが付いています。

こちらのボタンをつかってウインカー/ハザード/ホーンはもちろん、走行モードの切り替えやクルーズコントロールの設定を行うことができます。

また「KTM MY RIDE」スマートフォンと接続して画面内で操作できるようになる機能も左手のメニュースイッチで動かすことができますのでハンドルから手を放す動作を少なくすることができるようになりました。



さらにさらに!

1290はシュッとしたリアテールに加えて片持ちのスイングアームを装備しています。

これだけ細くてもシートの出来がいいためパッセンジャーの快適性も良く、二人乗りで長距離のツーリングに行ったとしても疲れにくい設計になっています。

そしてSUPER DUKEといえばこの片持ちのスイングアーム!!

まるでヒトデかのような見た目をしていますが、このホイールだからこそカッコよさに磨きがかかります。(しかしこの隙間が何とも洗いにくいのは秘密です。特にフロント・・)



一方で890はといいますと、

サーキット走行を想定して作られている「R」なので初めから一人乗り使用です😎

無印やGPはパッセンジャーシートが付いており、オプションでリアシートカウルを購入することができますが、Rは初期装着です😆

・890DUKE R

・READY TO RACE

のステッカーが良いところに入っていてとてもスタイリッシュにかっこよく仕上がってます!



今回は最後に初期装着タイヤを見ましょう!

左が1290、右が890です

ここでかなりの差がでてきましたね(笑)

890はほぼスリックタイヤな「MICHELIN POWER CUP 2」

タイヤカテゴリーはレーシングです🤣ですが、公道走行も可能なモデルとなっています。

温まりが早く「タイヤウォーマーが無くても大丈夫だよ~」と謳っている商品なのでグリップにかんしてはピカイチです。


そして1290に装着されている「ブリヂストン BATTLAX HYPERSPORT S22」

こちらも多くの方から支持されている最強タイヤです!

先程のパワーカップ2とは違いストリートからサーキットまで行けてしまうオールラウンダーなタイヤとなっています。

溝もとてもいい感じの配置となっていて雨の日や気温の低い日でも安定した走りができる為、安心感を得られる素晴らしいタイヤです。

スーパーデュークのような鬼トルクマシンでもセンターがゴリゴリ減るわけでもなく、しっかりとした作りになっているのでライフ面でも優しいタイヤです😍


またまた長くなってしまいました・・・

次回サスペンションについての記事で完結いたしますのでお楽しみください!!


KTM京都

ベイシストオート山科店

https://ktm-kyoto.com

京都市山科区北花山大林町38-3

075-286-8626

営業時間11~20時

定休日 月曜日

Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索