大型デビューにうってつけ! ~890DUKE~




6月とは思えない暑さですね・・・。ツーリングに快適なシーズンが1年を通して少ない気もしますが、梅雨明けになるとロングツーリングを計画したくなりますね♪



当店のお客様で特に大型免許取得したての大型ビギナーの方に大人気の車種が890DUKEです。今日はなぜ人気なのかを簡単に解説してみたいと思います!




①圧倒的な軽さ!

「READY TO RACE」の通り、KTMのバイクといえばハイパワーで軽いバイクであることがどのカテゴリーでも通じる特徴です!

特に国産メーカーの同じクラスのバイクと比べても軽さにおいては頭一つ抜けています。良く競合に上がるのがYAMAHA社のMT-07やMT-09、HONDA社のCB650Rが国産メーカーでは比較される方が多いです。

この3車種の中で一番軽いのがMT-07の184Kgです。この車種がデビューしたときは大型バイクでこの軽さということにびっくりしたのを今でも覚えています。



KTMの890DUKEはなんと-10Kgの174Kgと400ccクラスともいえる軽さで初めてのバイクや中型からのステップアップマシンとして非常に優秀なのがわかります。

大型バイクを敬遠される方の大半は重そうや気軽に乗れなさそうなど車重に関わるマイナスイメージが多いですがこの軽さなら重たいという大型バイクのイメージは消えますね!



②必要十分な装備!



890DUKEはよりサーキット走行に対応している上位互換車種の890DUKE Rがありますが、890DUKEをってみると私のような一般的な公道ライダーなら十分すぎる装備で安心して乗ることができます。


写真にもあるようにKTMの車両には全車種全グレードでWPサスペンションが標準で装備されています。このしなやかなサスペンションがハイパワーな890DUKEの走りを支えており、一般道から高速道路、サーキットの走行会など走られるお客様にインタビューした所「どのシチュエーションで走っていても楽しい!」とのことです!


ブレーキもBREMBOではなくKTMブランドのブレーキが付いていますがこれも十分な制動力で安心してブレーキングができるので問題ないです!


③元気のいいエンジン!


890DUKEと同じくらいの排気量の2気筒エンジンはマイルドな特性で低回転域から高回転域まで扱いやすくてフラットな特性を持つエンジンが増えてきましたがKTMのこのLC8cエンジンは一味違います♪



鋭いレスポンスを味わえるまさに大型バイクといった加速を楽しめて、大型バイクに乗っているという所有欲を満たしてくれます。標準装備で3つのパワーモードを選択することができて、一番おとなしいRAINモードであればかなり扱いやすいレスポンスになるので路面状況やライダーのレベルに応じた走りをしてくれます。



中でもSPORTSモードはリッタークラスのような俊敏な走りができるので890DUKEをご購入されてご自身の者になった際は是非試してほしいと思います!



以上、ざっくり解説しましたがいかがでしょうか?

ビギナーからベテランまで幅広い層のライダーに楽しんでいただけるのがKTMの特徴ですが、中でも今日ご紹介した890DUKEは格別です♪


車両本体価格¥1,269,000-

現在開催中の免許サポートキャンペーン・特別低金利キャンペーン・KTM京都限定キャンペーンと多くのキャンペーンの対象車種となっております。


しかし、在庫なくなり次第終了で残り僅か!気になっている方はお急ぎくださいm(__)m


キャンペーンの詳細はこちら

https://www.ktm-kyoto.com/sale-canpaing


お問い合わせはこちら

https://www.ktm-kyoto.com/contact



KTM京都

京都市山科区北花山大林町38-3

075-286-8626

営業時間11~20時

定休日 月曜日

https://ktm-kyoto.com