WEX朽木参戦してきました!

April 20, 2018

 4月15日に初開催となるWEX朽木に参戦してきました!

前日に開催されたJNCCトップライダーによる実践セクションスクールも大好評でした!

 

初開催でコース慣れした人が誰もいないという会場で各セクションの攻略ポイントをレクチャーしてもらいました(ただし前日は良い天気でしたが、レース日は、どろどろのマディコンディションでした)!

 前日からバイクを投げている人もちらほら

40分クラスに出場したベイシストオート京都西店店長のカワサキ 750SSマッハ!本格的なエンデューロタイヤを履いたり、テーパーハンドルにしたりかなりカスタムに時間がかかったそうです。レギュレーションにない3気筒2スト750ですが、参戦を認めてもらったからには完走できる車体をという事で気合を入れてカスタムしたそうです。小ネタですがフロントマスクとクラッチレバーは2013年モデルのKTM EXCのパーツです。 

 

 

 

いよいよレース当日!

スタート直後の登坂!90分→40分→120分の順で開催されましたが、90分の時はこの坂もそれなりに走りやすかったのですが、時間が経つにつれてしっかり耕されて、40分クラスあたりから登り切れずにエスケープに向かう車両も増えてきました。

 

。近畿圏で開催のWEXだとマディでもトレイルタイヤで登り切れないレースってあまりないのでトレイルタイヤで参戦の自走ライダーも多かったのですが、エンデューロタイヤなら問題ないですがトレイルタイヤで参戦された方は厳しかったと思います。

 

ゴーグルは1周目でドロドロで前が見えなくなるコンディション。ロールオフレンズを注文してましたが間に合わず普通のゴーグルで参戦したので2周目以降は飛んでくる泥に目を浴びながらの走行でした! 

コンディション悪化のため90分クラスでしか使用されなかったウッズ(森の中を走るコース)はマディなウッズ初体験の方にはかなりハードなセクションだったようで大渋滞でした。90分の後半は出口が広げられたのでルートがありましたが開始直後は狭いウッズの出口で渋滞していたので、前でスタックした人を助けてルートを確保しないと進めない状況でした。

 

そんなこんなで、山科店スタッフは90Cクラス8位入賞(78人参戦)総合28位(165人参戦)で完走しました!

 続いて40分クラス!40分クラスはビギナーや大排気量クラス・ミニモトクラスなどなどなんでもありのお祭り的なレースです。1290SUPER ADVENTRE Rで参戦した山科店のスタッフはノーマルのトレイルタイヤで参戦したため、タイヤが殆どグリップせず撃沈でした。マディにトレイルタイヤは無理でした!

 

一方、エンデューロタイヤを履いた京都西店スタッフ のカワサキ 750SSマッハはぐんぐん上り坂を登り問題ない周回してしっかりリザルトに記録を残しWEXの歴史に名前を刻みました!

 

本人曰く、どうすればもって走れるかが分かったとの事なので、次回はさらにパワーアップした 750SSマッハ エンデューロを仕上げてくれることでしょう!

 

 最後は120分クラス!この日、3レースともエントリーしていた山科店スタッフですが、120分クラスも1周目でゴーグルが使い物にならなくなってしまいました。

泥の目つぶしでなかなかペースを上げれず、後半は足がつりそうになりバイクの上でストレッチをしながら走行!まだまだ修行が足りません。

 

結果120C 15位(93人中)総合46位(184人中)といまいちな結果でした。

 

あらゆるコンディションに対応する準備が結果につながるというエンデューロレースの醍醐味を味わえた感じでした!

 

 WEXは気軽に参戦できるエンデューロレースなので是非一緒に参戦しましょう!

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

いつもご覧頂きありがとうございます。

125 / 150XC-W  や300EXC TPI やSXモデルなどの公道走行不可のモデルでナンバー取れませんか?

というお問い合わせをたまに頂きますが、「当店としてはできません」

どうやったらナンバー取れるかという事は当店もバイクショップなので知っています。

しかし...

公道走行不可モデルの登録について

August 28, 2018

1/4
Please reload

最新記事