350XC-F 2018モデル入荷!

August 24, 2018

日本では2019年モデルから250XC-Fが初導入となるので、ほとんど知名度のない車両ですが、使い方によっては非常に面白いモデルです!

 

この車両自体はKTMジャパンがプロモーション用に使用したのみにモデルで一度走らせた程度の車両ですのでコンディションは新車に近い状態ですが、なんと日本国内にこの一台しか無いという激レアモデルです!

 

そもそもXC-Fというモデルですが、簡単に言うとモトクロッサーをベースにエンデューロモデルに近づけという感じなのでモトクロッサーとエンデューロの中間のクロスカントリーモデルです。

 

モトクロッサーは基本的に石が落ちていない整地された土の上を高速で走り、ジャンプをしてという競技ですが、エンデューロは道なき道を越えていくという競技になります。

 

その中間のために作られたモデルなので非常に走る場所のターゲットを絞ったバイクなのです!

 

車体の構成ですがモトクロッサーベースでサスはエアサスですが、SXモデルに比べるとしなやかさがあるので荒れた路面を走ることにも対応していますが、EXCモデルほど柔らかくはないのでクロスカントリーなどで高速で駆け抜けるようなコースにかなり向いているサスだと思います!サスペンションのシムの構成を見ていると随分と違うセッティングになっています。走らせなくてもSXとの違いは判るレベルです!

 

エンジン自体もモトクロッサーベースですが荒れた路面を走りやすいようにセッティングなどは専用で作られているようです!

 

リヤホイールは耐パンク性が高くエンデューロ向けな18インチホイールが採用されているなどなど遊び方によっては最強なマシンだと思います!

 

車体価格は新車だと116万円くらいですが、一応中古車ですので整備費用込みで105万円で販売いたしますのでご興味をお持ちの方はぜひご来店ください!

 

クローズドコース専用モデルですのでナンバー取得はできません。

 

 

KTM正規ディーラー

ベイシストオート山科店

京都市山科区北花山大林町38-3

075-286-8626

営業時間11~20時

定休日 月曜日

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

いつもご覧頂きありがとうございます。

125 / 150XC-W  や300EXC TPI やSXモデルなどの公道走行不可のモデルでナンバー取れませんか?

というお問い合わせをたまに頂きますが、「当店としてはできません」

どうやったらナンバー取れるかという事は当店もバイクショップなので知っています。

しかし...

公道走行不可モデルの登録について

August 28, 2018

1/4
Please reload

最新記事