EXCサスペンション オーバーホール!

July 18, 2019

 今自分が乗っている、350EXC-Fですが、レースとコースのみで使用時間で56時間ほどなんですが、サスペンションは前後共に漏れもなく、元々性能が良いサスなので特に不満もなかったのですが、これくらい使っているとサスペンションの中身はかなり汚れていて性能もかなり落ちてきているので、そろそろ一度OHを!という事に!

 

OH後の性能を体感するためにあえてリヤサスのみOHして走ってみることに!

 サスの中身はこんな感じです。

シムが堆積してこれがたわむことで適度な減衰を生み出しているのですが下の写真のシム(シルバーのでかいワッシャーみたいなやつ)に黒い汚れが見えると思います。

 

金属粉やオイルの劣化した汚れなどがヘドロの様に付着して適切な減衰の邪魔をしているわけです。

 

シールヘッド部のオイルシールを外した部分です。 こちらはダストシールを乗り越えたゴミが堆積していきます。 これはオイル漏れの原因となります。

 とにかくかなり汚れていたのですが、人間でいうと血がドロドロで体調が悪いので血をサラサラにして健康になるのと同じような容量ですね。

 

で、装着して走行することに!

装着した時点でしなやかになったのが分かります!あえてフロントサスをOHしなかったので走る前からリヤサスに比べてフロントサスの動きが渋いのが体感できました!

 

走ってみるとこれまた、歴然!しなやかで、かつジャンプの着地などでも腰がしっかりある感じです。リヤサスがしなやかに吸収するのに対してOHしていないフロントサスの性能の悪さが際立ちました!

 

エンジンオイルは定期的に交換したりすると思いますが、サスペンションは漏れてこない限りはそのまま使っているという方が多いのではないでしょうか?

 

ヘビーにレースに参戦されているライダーならぜいたくを言えば半年に一度、そうでなくても年に一度はOHをオススメします!

 

折角高性能なサスペンションなのにかなり勿体ないことをしていると思います!!

 

レースの時に良いタイヤやオイルやチェーンをセレクトするのと同じくらいサスのOH重要です!!

 

KTM正規ディーラー

ベイシストオート山科店 

京都市山科区北花山大林町38-3

075-286-8626

営業時間11~20時

定休日 月曜日

https://ktm-kyoto.com/

オンラインストア

https://ktm-web.com/

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

いつもご覧頂きありがとうございます。

125 / 150XC-W  や300EXC TPI やSXモデルなどの公道走行不可のモデルでナンバー取れませんか?

というお問い合わせをたまに頂きますが、「当店としてはできません」

どうやったらナンバー取れるかという事は当店もバイクショップなので知っています。

しかし...

公道走行不可モデルの登録について

August 28, 2018

1/4
Please reload

最新記事