890ADVENTUREご紹介! part.1 メカニズム編


いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は890ADVENTUREについて二つの記事に分けてご紹介させて頂きます!


part1はカラー、メカニズムについてのご紹介です!


まずはカラーですが、オレンジとグレーの二色展開となっております!

ザ・KTMカラーなオレンジもシックにまとめつつワンポイントのオレンジがしっかり映えるグレーも両方ほしくなるくらいにかっこいいですよね!



続いては、フロントフォークですがWP製APEXの43mm倒立フォークを採用しております!

サスペンションストローク量は200mmとかなりありますのでと大きな凹凸にも完璧に対応できます!



また、リアサスペンションにつきましてもWP製APEXのサスペンションを搭載しており、こちらはプリロード調整に加え伸び側の減衰力調整も可能となっておりますので様々な場面に応じて自分好みのセッティングに変更することが可能です!



次に、燃料タンクですがこちらの燃料タンクには様々な工夫が凝らされております!

それはこの独特なタンク形状と材質にあります!


メインタンクを左右に分け、車体側面に吊り下げることにより可能な限り低い位置に配置しています!これにより様々なメリットが得られます!


まず、座っていても、立って走行していたとしても、とても20Lの容量を持ったタンクを膝の間に挟んでいるとは思えないほどのスリムさを感じられることでしょう!スタンディング走行の妨げになりません!


また、従来型のタンクに比べ燃料の揺れによるバランスの崩れが少なくなり、低重心で前方に配置されておりますので安定性やハンドリングの軽快性にも大きく貢献しております!


また、タンクが下に出っ張っていると転倒時や、オフロードで障害物等にタンクをぶつけた際に割れそうだと心配する声も時々耳にします。


ですがそこはKTM、過酷なダカールラリーなどを走破してきたノウハウを存分に発揮し、高い耐久性、耐衝突性を備えた素材でできていますのでかなり安心していただけるかと思います!



お次はハンドルについてです!

こちらのハンドルは取付位置が6つと多数選択可能で最大30mmの調整幅で自分に合った位置調整が可能です!



続きましてはフロントシートです!


一見普通のシートですが、実は画像のようにセットする位置により高さが850mmと830mmの2種類から選べるようになっております!

シートを変えずとも20mmもシート高下げられるのは大変ありがたいですよね!


さて、part1 メカニズム編はここまでとさせていただきます!次回、part2 電子制御編もよろしくお願いします!



KTM京都

京都市山科区北花山大林町38-3

075-286-8626

営業時間11~20時

定休日 月曜日

https://ktm-kyoto.com