最近話題の競技専用タイヤ  IRC M5B EVO


昨年に発売されていましたが、ここ最近になって一気に話題に出てくるようになったエンデューロ用タイヤ IRC M5B EVO です!

 

今年はゲレンデでのレース開催がマディな日程が多かったり、今年から初開催の会場であるダイナランドで高評価であった事もあり一気にシェアを伸ばしていきそうな雰囲気です!

 

元々は北米で販売されていたM5Bをソフトにしたモデルで特徴としてはとにかくブロックが高い!という所です!

 

前身のM5Bはヒルクライム専用的な存在で、FIM規格タイヤでも参戦できる日本市場で発売開始されました!

サイズは120/80-18  と 140/80-18 の2サイズでとにかく登り性能を求めるなら140 旋回性もほしいなら120を選択するという使い分けです。

 

メーカーのサイトにも出ていますが濡れた岩や木の根っこにはVE33SやJX-8を推奨していますが、マディのレースの日はふかふかの土の上やヒルクライムをいかにこなすかで勝敗が別れることが多いと思いますので、そういった土質のレースにはかなりの武器になると思います!


ただし、ブロックが高い分、土を掘り返す力が強いのでレース会場やクローズドコースのような定期的にコース整備がされるような場所以外で使用すると山が荒れる原因になりますのでその辺りは配慮した上で使用していただくことをオススメします!

 

KTM京都

ベイシストオート山科店

京都市山科区北花山大林町38-3

075-286-8626

営業時間11~20時

定休日 月曜日

https://ktm-kyoto.com

特集記事