350EXC-F クルーザー仕様!

先日のWEX朽木 90Aクラス・総合で優勝し現在シーズンポイントランキングもトップの当店スタッフの350EXC-F SIXDAYSをご紹介!

普段はほとんど練習に行かないオフロード歴6年42歳のスタッフなのでとにかく楽に安全にスムーズに走れるクルーザーのような仕様を求めてカスタムしています。また一緒のレースに出ている他のライダーに乗ってもらうとかならず「これはセコイ!反則!」と言われる車両なのでそのいくつかのパーツをご紹介します!


まずはステアリングダンパー!

すでに取付させて頂いてご使用されているお客様から「介護用品」とも言われている楽して安全に走れるパーツです!


パワーパーツから出ているキットで取り付け可能で低速・高速のダンパー設定が別れているのでハンドリングは重たくならずに高速速度域でのハンドルの振れ軽減・コーナリング中に安定・ジャンプの着地時の振れの防止・リヤが弾かれてハイサイドのような動きの軽減など安全装備としてかなりオススメです!


これを装着するとハンドル位置が高くなるデメリットがありますが、ISAさんに専用設計でハンドルを製作していただき、このハンドルを装着するとなんと、ステアリングダンパーを取り付けていないノーマル車両よりもハンドル位置は低くなります!


ISAハンドルは独自技術で強度は高いのに非常によく"しなる"ので腕上がりや手の豆がかなり軽減されます!


最強のハンドル周りですね!

そして通称反則技と言われているWP PROの前後サスです!


フロントはエアサスで軽量化とエアサスならではの衝撃吸収性とCONE VALVEのオイルサスの組み合わせで登りも下りも楽々です!朽木よりも下りがタフな鈴蘭高原や神立スノーリゾートなどでも抜群の安心感でした!

リヤサスもWP PROサスはセッティングが細かく出来るので、リンクレスサスの特徴でもある下りの突き上げ感が全くなく登りでのトラクションも抜群です!かなりしなやかにセッティングしても底つき感はなく前後組み合わせることで車体の挙動が最小限なのに衝撃はしっかり吸収しているのでとにかく楽に速く走れます!

ブレーキローターはノーマルよりも大径化しています!これもパワーパーツでているモノですが、軽いタッチで適度にブレーキが利くのでブレーキング時の疲労が軽減できます!

リヤブレーキディスクガードとブレーキキャリパーサポートが一体化になった削り出しのパーツ!リヤディスクのガードとしての性能はもちろんですがキャリパーサポートが削り出しで剛性が高いのでリヤブレーキのタッチが良くコントロール性能抜群です!

EXCシリーズはマフラーを換えるのはマストのオススメアイテムです!

EXCシリーズはヨーロッパの排ガス規制をクリアするために非常に詰まったものが標準なのでレースなどクローズドコースで走られる方はマフラー交換オススメです!


変にパワーが出るという印象ではなく全域トルクカーブが綺麗になりまわすとパワーがしっかりでるような印象です!


EXCシリーズは元々のスペックが高いのでノーマルでも十分と思われがちですが、ここ数年のEUの規制はその規制が導入された日本で国内メーカーの多くのモデルが廃盤に追い込まれるほど規制が強化されているので、ノーマルマフラーは本当のEXCの性能をかなり抑えているのでマフラー交換オススメです!


他にも色々と装着していますが、オフロード歴6年の一般人目線で試してきたパーツで良いものを使用しているので気になる事があれば是非お問い合わせください!


KTM京都

京都市山科区北花山大林町38-3

075-286-8626

https://ktm-kyoto.com



特集記事