1290 SUPER ADVENTURE R でオフロード走ってみました!

いつもありがとうございます。



先週9/4㈰に朽木スキー場でフリーライドイベントを開催しました!当店でご購入いただいたお客様をご招待し、前日の夜からキャンプやBBQなどを楽しみ、4日は田中太一様のスクールからヒルクライムコンテスト、チーム対抗ミニレースなど大盛況でした♪



私は普段乗っているGASGASのEC350Fをメインに乗っていましたが、来る10/23㈰のWEX朽木に当店のお客様と一緒にBIG ONEというクラスに出場予定なので、KTMのフラッグシップアドベンチャーの 1290 SUPER ADVENTUE R で練習しました!




朽木スキー場の路面状況はエンデューロモデルでも慣れていないと怖いと感じてします深めの水切りやゴロゴロとした石が多く転がっていて本当にアドベンチャーで走破できるのかとビビってしまうような状況です(笑)




しかし、そこはさすが世界最高のオフロードメーカーのアドベンチャー!!

私くらいのオフロード歴2年目のライダーでも大きなギャップや凸凹した路面でも何事もないように走破できてしまいました!



パワーモードの切り替え機能やOFFROAD ABSを駆使して、あれよあれよと設営したコースを走り切ってしまえました。特にこういった路面ではOFFROAD ABSとトラコンをOFFにして走ることがおススメですが、私が感動したのがOFFROAD ABSです!



エンデューロモデルに比べて重量も2倍、ブレーキングをしても制動距離が長くなるので下りなどで怖い思いをするのかと思いきや、いい塩梅でフロントのABSが作動してくれるので思い切ってブレーキングをすることができました!



乗っててすごく楽しかったので、お客様にも試乗をおススメしたらお2人が是非乗ってみたいと試乗していただきました!



お2人ともオフロードをかなり上手に走られるのですがさすがの大きさに戸惑いもありましたが、難なくコースを走っておられました!

こんなにビッグオフを自在に走れると思っていなかったと驚きのご様子で、はじめは1週だけでいいとおっしゃられていましたが、2周3周と楽しく乗っていただけて私たちも何よりです!






見た目の重厚さとは裏腹にリッターオーバーのアドベンチャーでは最軽量レベルの車体にナンバーワンのオフロード走破性!フルパニアにしてキャンプツーリングに使うと道中の荒れた道を難なく走破でき、フルパニアを外して時にはガンガン悪路に挑戦する。そういった使い方ができてしまうのがKTMの 1290 SUPER ADVENTURE R!



現在店頭在庫には2022年モデルの新車と2021年モデルの中古車がございます!

お気軽にお問い合わせください!


2022年モデル新車はこちら

https://moto.webike.net/bike_detail/1675513/

2021年モデル中古車はこちら

https://moto.webike.net/bike_detail/1707485/



KTM京都

京都市山科区北花山大林町38-3

075-286-8626

営業時間11~20時

定休日 月曜日

https://ktm-kyoto.com

特集記事