刺激的な走りが魅力!RC390

こんにちは!営業の増井です!8/19本日はバイクの日ですね♪お盆休みから引き続きあいにくの空模様ですが、バイクの日なのでKTM現行ラインナップで唯一のフルカウルスポーツRC390を他社同クラスのバイクと比較しながらご紹介します!





こちらはRC390の2021年モデルのカラーリングです。KTMのブランドカラーのオレンジを引き立

たせるブラック/ホワイトの外装がカッコいいですね!ここから、当店RCユーザー様のからいただいたお声をもとにおすすめポイントをランキング形式にご紹介します!



1位 やっぱりデザイン!

特に初めてのバイクでご購入される方が半数以上です!皆様も初めてのバイクを買ったときはまずデザインから選ばれたのではないでしょうか?特に私がRCで一番惹かれるのはテール回りですね!






このシングルシート風のタンデムシートにかなり尻上がりなデザインでとても攻撃的ですね!速さがにじみ出るようなデザインが私のおすすめポイント!これに社外品のフェンダーレスキットを取り付けるとよりすっきりしたデザインになりますので今ノーマルでお乗りのお客様にもおすすめです!



2位 軽量ボディにハイパワーエンジン

RC390の車両重量は158Kgと250ccクラス並みの軽さに最高出力44PSというハイパワーエンジンを搭載しております!まず軽さの利点は車両の取り回しや立ちごけの不安の解消に一役も二役も買って出ます。ハイパワーなエンジンは特に高速道路での合流や追い越しをするときに思った通りの加速ができるので、実はパワーが出すぎると危ないのではと思う方もいらっしゃると思いますが走行シーンによっては必要なパワーがいつでも出せるのは安心にもつながるのです!



そしてベテランの方が乗るとシングルエンジンの利点をいかしたダッシュ力のある走りでタイトコーナーを楽しめるコーナリングマシンになるのでビッグバイクのもりもりパワーに疲れた方にもおすすめです!



ちなみに、同クラス他社商品と車重・最高出力の早見表を作ってみました。参考程度にご覧くださいませ!


KTM・RC390    YAMAHA・YZF-R3    KAWASAKI・NINJA400    HONDA・CBR400R

車重 158Kg    車重 170Kg      車重 167Kg        車重 192Kg

出力 44PS    出力 42PS       出力 48PS        出力 46PS



CBR400RはRC390含む他3車種とコンセプトが異なっているため単純な比較はできないですが、ライトウェイトフルカウルスポーツというカテゴリーに分類するならば、シングルエンジンのRC390が車重も一番軽い中、他社とも見劣りしないパワーを発揮できておりますので、エンジンの特性から鋭く加速できるのは容易に想像できると思います!



3位 人と被らない!

日本国産4大メーカーは世界でもトップレベルのシェアを誇るほどの人気です!(私もアメリカへ行ったとき、日本のメーカーの方が多いくらいで驚きました)



もちろん日本にいる限り大多数は日本のメーカーのバイクが走っていることになります。KTMのRC390は中型免許で乗れる数少ない輸入車メーカーでもあり、まだまだ人と被る可能性の低い車両の為、目立つこと間違いなし!



私のお客様で大学生の方も「学校で誰とも被らないので所有感がある!」と言って下さり私もうれしかったです!



人と被りたくない!ありふれたデザインより特別な、独特なデザインがいい!そんなあなたにうってつけの1台がRC390です。



いかがでしたか?乗って楽しい・見て楽しい、楽しいづくしのRC390ですが大変ご好評の為、当店在庫も残りわずかとなりました。在庫がなくなるとそれ以降の入荷の見込みが薄いのでご検討の方はお早めに!

車両価格¥729,000-

諸費用¥135,160-

乗り出し総額¥864,160- +オプション・取り付け工賃など


ご来店・お問い合わせ心よりお待ちしております!!



KTM京都

ベイシストオート山科店

京都市山科区北花山大林町38-3

075-286-8626

営業時間11~20時

定休日 月曜日

https://ktm-kyoto.com

特集記事
最新記事