2017年モデル ADVENTUREシリーズインプレ!

February 24, 2017

KTM 2017年モデル ADVENTUREシリーズを試乗してきました!各車のインプレと現行モデルと迷われている方むけの情報を最後に書きます!

今回のモデルチェンジで1050が1090にアップデートされ、1190が終了して1290の排気量に統一され、

1090ADVENTURE
1090ADVENTURE R
1290ADVENTURE S
1290ADVENTURE R
1290ADVENTURE T

の5モデルとなります!

まず1090ですが、これまで1050はヨーロッパに免許制度の関係で馬力が95hpに抑えられていましたが、日本国内導入モデルは125hpとなり、これまで頭打ち感のあった1050と比べ1090は高回転までしっかりパワーが出て回る感じでした!サスペンションに関してはこのモデルはスプリングサスですので、路面状況をダイレクトに感じたいユーザーには面白いと思います!

今回は試乗車がありませんでしたが1090の排気量にオフロードタイヤが標準装備のRが登場するのも面白いですね!乾燥で200kgちょっとの重量はオフロードでもしっかり遊べそうです!

次に1290ADVENTURE R ですが、オフロードタイヤを標準装備したモデルですが175cmの身長の私でも足つきの不安感はそれほどない感じでした。そして今回の1290ADVENTURE S / R で採用されている液晶メーターですが、とにかく視認性が抜群に良かったです!個人的にはタコメーターのデジタルは見難いという意見も多く聞いていたので不安はありましたが、現物の動作を見るとアナログよりもはるかに見やすいデジタルタコメーターでした!

オフロードでの走行を想定しているRですが、こちらも1290の排気量ながら乾燥で217kgという軽さと最高出力は160hpありますがオフロードモードにドライブモードを切り替えると土の上で使いやすいマイルドな特性にしっかり変わり、オフロードで遊びたくなる事間違いなしです!



次に1290ADVETURE Sですが、このモデルは現行の1190ADVENTUREと同様のセミアクティブサスを搭載したモデルです!個人的にはKTM の車両に搭載されているWPのセミアクティブサスの乗り心地が最高だと思っているのでこのモデルが最も快適性が高かったです!ロングツーリングの際のノンストレスな走りながらパワーが欲しい時にはしっかりパワーが出てくれる感じはアドヴェンチャーモデルで必要な物をすべて用意してくれている感じでした!



1290ADVENTURE T に関しては現行の1290ADVENTUREを新基準の排ガス基準に対応させたモデルなので大きな変更は無いと思います。ですので、高速巡航をメインとしたビッグタンクとフェアリングを求められるユーザー様は現在、実施中のオプション20万円プレゼント+60回無金利ローンを利用できる2016年モデルがお買い得だと思います!ちなみに1290ADVENTREの2016年モデルのメーカー在庫は3台ほどですのでお急ぎを!

また、現行の1190ADVENTUREは今回のニューモデルの1290ADVENTURE Sと同様のセミアクティブサスを搭載していますが、1290ADVENTURE Sはおそらく車体価格で200万円を超えてくると思います。WP製のセミアクティブサスを搭載したアドヴェンチャーモデルをお得に買うなら現行の1190ADVENTUREなら20万円分のオプションと60回無金利ローンがいまなら利用できますのでかなりお買い得だと思います!こちらもメーカー在庫が10台切っていますので、お早目がオススメデス!

より詳しいインプレを聞いてみたいという方は是非店頭までお問い合わせください!


KTM正規ディーラー
ベイシストオート山科店
京都市山科区北花山大林町38-3
075-286-8626
営業時間11~20時
定休日 月曜日

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

いつもご覧頂きありがとうございます。

125 / 150XC-W  や300EXC TPI やSXモデルなどの公道走行不可のモデルでナンバー取れませんか?

というお問い合わせをたまに頂きますが、「当店としてはできません」

どうやったらナンバー取れるかという事は当店もバイクショップなので知っています。

しかし...

公道走行不可モデルの登録について

August 28, 2018

1/4
Please reload

最新記事