top of page

たまにはやろう!!オフロードモデル 燃料フィルターの交換

いつもご覧いただきありがとうございます😆


インジェクションモデルのオフロードバイクのタンクの中には燃料ポンプが2st/4stモデル問わず共に入っています。

 

そこにはガソリンの中に入ってしまったゴミなどを受けてくれるフィルターが入っているのですが、そのフィルターは走行しているうちに徐々に汚れていきます。

 

加速時に綺麗に回転が吹け上がらない場合はこのフィルターの目詰まりの可能性があるんです!

写真は2023年モデルの交換前と交換後のフィルターです。



2024年モデルのフィルターはこれですね↓↓↓



フィルター交換後の汚れたフィルターはちょっと掃除してみると・・

このように↓↓↓



黒いゴミが結構たまっていますね。

例え話をするとドライヤーの吸込み口にゴミや埃がたまると風量が落ちるのと一緒で、燃料フィルターもゴミがたまれば吸い上げが悪くなります。


今回は吹け上りが綺麗にいかないという症状の車両で交換しましたが燃料ポンプが故障しない様に早めの交換がオススメです!

 

燃料ポンプのフィルターセットは

2023年モデル:81207090100 FILTER KIT ¥6,789-(税込)

2024年モデル:A46007018044 Fuel pump filter kit ¥6,117-(税込)

です!


燃料ポンプ本体は大体5万円ほどするので

燃料ポンプ本体を守ることを考えれば安いものですね!


「あれ?俺のバイクちょっと吹け上りが悪いかも??」と思ったタイミングや、

定期的に乗られている方なら年に一度のメンテナンスで交換してもいいと思います!!


バイクは乗るだけではなくメンテナンスも大切ですからね。

スポーツと一緒でまずは道具の手入れから始めましょう!


KTM/Husqvarna/GASGAS京都

ベイシストオート山科店

京都市山科区北花山大林町38-3

075-286-8626

営業時間11~20時

定休日 月曜日

Comentarios


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page