☆残り僅か!2021MYエンデューロモデル☆

こんにちは!営業の増井です!さて、私たちも長きにわたっていただいていた夏季休暇も残すところ今日で最後となりました!みなさんも明日からお仕事の方が多いのではないでしょうか?京都府外にお住まいの方なら今日からお仕事という方もいらっしゃると思います。



お盆休みの特別車両紹介のコーナーも今日で最後です!最後の締めくくりは残りわずかとなったエンデューロモデルのご紹介です!

当店在庫で残っている車種は左から300EXC TPI SIXDAYS・150EXC TPI・250EXC-F SIXDAYSとなっております!



どの車種も人気ですが、中でも私のおススメはやっぱり250EXC-F SIXDAYSですね!私が2019MYの250EXC-Fに乗っているからという贔屓もありますが、理由は間違いなく乗りやすさですね!



私が更新したGASGASのEC250Fの記事でも触れておりますが、特に初めてのエンデューロレーサーを購入検討の方からベテランライダーの方まで幅広いお客様におススメできるエンジン特性が魅力で、トコトコのスピードで進んでいく林道から、ハイスピードのレースまで幅広く対応できます。



なにより2ストとは違い、エンジンブレーキがしっかり効いてくれるのでクラッチワークやパワーバンドといった2ストの特性に気を使うことなく乗れます!(悪い言い方をするなら雑な乗り方でも難なく走れます)



残りの2ストについて。かなり私の主観ですが、150EXC TPIは初めての2ストレーサーデビューや、ミニモトクロッサーからのステップアップにいいのかなという印象です。パワーバンドに入ってもとても扱いきれないパワー感でないこと(それでも十分すぎるくらい早いです)や、乾燥重量100Kg以下の圧倒的な軽さが魅力ですね!4スト250でオフロードに慣れてから2スト150にされる方もいらっしゃると思います。



最後に300EXC TPI SIXDAYSです。こちらは公道走行ができないモデルになりますのでコースなどが主に走る場所限定のモデルですが、やはりKTM2ストの最高峰モデルの堂々たる走りに加え低速トルクが強化されているので当店のお客様でも2スト250から乗り換えたお客様から乗りやすいと好評価の1台です!



2022MYの最新のエンデューロモデルもご予約いただいているお客様の車両が今後少しづつ入荷される予定ですが、昨今のコロナウイルスの影響もあり入荷台数はかなり少ないです。



また、2022MYのSIXDAYS仕様もコロナウイルスの影響でISDE(International SixDays Enduro)が延期となっている為、開催国をモチーフとしたカラーリングではございません。イタリアカラーもかなり人気のカラーですので、残り僅かなうちにご検討の方はいかがでしょうか?



明日8/17から元気に営業を再開致しますのでご来店、ご連絡心よりお待ちしております!



KTM京都

ベイシストオート山科店

京都市山科区北花山大林町38-3

075-286-8626