2018 250EXC TPI SIXDAYS カスタム車両


常連のお客様の250EXC TPI SIXDAYSフランスカラーです!

主に林道やオフロードコースで遊ばれているお客様の車両ですが、乗られながらご自身に必要なものを徐々にカスタムされていって今の状態になりました。

現在のカスタム箇所は

・マフラー

FMF FATTYチャンバー ・ FMFサイレンサー

・ラジエターファンキット

・スイングアームガード

・リヤロックガード

・フロントディスクガード

・樹脂製ハンドガード

・ワイドブレーキペダル

・リヤバッグ

・フレキシブルフロントブレーキレバー

・TUBLISSチューブ

・CNCハンドルインサートクランプ

・クラップハンドル

・フロントストラップ

です!

上記、すべてオススメアイテムですがその中からいくつかご紹介!

まずはマフラー!

KTMのオフロードモデルは標準でも十分出力が出ているのでマフラーを換えない人も多いのですが、FMFやアクラポヴィッチなどKTMと共同開発して作っているマフラーに関しては換えると、スペックがかなり変わるのでオススメです!

「今のパワーで十分だから」とおっしゃられる方も多いですが、単純にパワーがアップするだけという事ではなく、パワーが非常に使いやすくなったりするもの特徴です!

続いてラジエターファンキットですが、2サイクルはSIXDAYSでも標準装備ではないので、車両をご購入いただく際に必要かどうかをご質問いただくのですが、これに関してはどのような使い方をするか次第です。

一般道を移動したりスピードよりの競技に使用される方は無くても問題ありませんが、山深い林道で遊ばれたり、ハードエンデューロやマディなエンデューロレースだと必需品だと思います。その辺りはご購入される際にどんな感じでご使用されるかをお教えいただければアドバイスさせて頂きます。

次にハンドガードとブレーキレバーとCNCスライドインサートクランプです。

ハンドガードは標準のオープンハンドガードに追加で取付できる樹脂製のハンドガードが今のイチオシです!

樹脂と聞くと、耐久性が気になりますが最近の樹脂はかなり強固です!ハスクバーナのオフロードモデルはサブフレームが樹脂なのでそう聞くとご納得いただけると思います。最大のメリットは軽い事ですね。アルミニウムのハンドガードと比較しても大分軽いです。さらにブレーキマスターなどとも一体型になるので転倒した際にハンドガードだけがずれてレバーが折れるなんて事も最小限です!

そして転倒の際の衝撃を逃がしてくれるCNCインサートクランプを入れておけば完璧です!!

そして最後にブレーキレバーですがパワーパーツのフレキシブルブレーキレバーが超オススメです!

ブレーキレバーだけで13147円するので高価なレバーですがブレーキの握り込みのタッチが非常に良くなるので効果的にはブレーキマスターを交換したくらいの体感ができます!

このお客様も「今まで4段階くらいの握り込みの感覚だったのが10段階くらいになった感じがする」と絶賛です!

レバーを交換するだけでフロントのブレーキングスキルが格段にアップしますよ!

その他、カスタムに関してはオフロード担当のスタッフまでお気軽にお問い合わせください!

KTM正規ディーラー

ベイシストオート山科店

京都市山科区北花山大林町38-3

075-286-8626

営業時間11~20時

https://ktm-kyoto.com/

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square